読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プちめも

Twitter以上ブログ未満のチラシの裏

ダブルミンツ実写映画の公式の宣伝方法が悲しい話

今年に入ってから悲しくて仕方がないので、すまん、殴り書きだけさせてほしい。

はじめに

中村明日美子先生の『ダブルミンツ』というBL作品をご存知だろうか。 同姓同名(※漢字が違うけど読みが同じ名前)の男性2人が中心に描かれているBLマンガ。わりと痛々しい描写があるので個人的には少し苦手な作品である(余談だが、明日美子さんの単行本は見かけたら大体買ってきたわたしが、ダブルミンツだけは読んでてしんどかったので手放してしまった過去がある)。

なかなかに痛々しい描写や本番(察してくれ)の描写があるので、まず2016年のAGF直前くらいに実写化が発表された時は度肝を抜かれた。 マジかよって思った。誰がでてどうなるんだと驚きをかくせなかった。そんなことより同級生の続きを(ryと思わなくもなかったが座組が全く違うはずなのでそれは忘れることにする。

2017年1月。詳細がついに発表された。 ここから、わたしのある種の悲しみの日々が始まる。

2017/1/31

  • メインキャスト発表
  • 公式Twitterアカウント開設

ナタリーをはじめ、様々なメディアで情報が解禁された。 Twitterアカウントも開設されたし、もちろん同発で公式サイトがあると思っていた。 ナタリーの関連リンクエリアにもリンクが貼られていた。

だが、サイトが表示されない。 公式サイトが、キャスト解禁の時点で開設されていない。

信じられなかった。 わたしは広報・宣伝のプロではないし、それで飯を食ってるわけでもないが、ナタリーにリンクが貼られたということは、公式側からナタリーに渡された情報の中にURLが記載されていたということではないのだろうか。 飛び先を教えたのは公式側。なのに、情報掲載サイトから公式サイトに飛べない。意味がわからない。

情報解禁の日時だって、各所と相談した後に決められたはずだ。 デッドラインが決まっているのに準備をすすめなかった?そんな話があってたまるか。

それでいて、「心配するファンも」というタイトルのニュース記事を自らシェア。 心配されているんだぞ。それをツイートしてくれるなよ。

100歩譲って、情報を拾ってくれたメディアの記事はシェアする、という話だったとしてもだ。ここに書きなぐっているのはあくまで個人的な印象なのでそれを前提として核が自ら「ファンに心配されている映画の詳細が発表されました!」なんてお知らせする公式でいてほしくなかった。

翌日2/1の夕方、公式サイトが公開された。この1日半くらいのタイムラグは何だったのか。

2017/2/6

公式Twitterからこんなアナウンスがあった。

このイラっとする煽り方はわたしが好きじゃないだけなのでさておき(「かも」ってなんだよって心底ムカついたけど)、このイベントでクラウドファウンディングが発表された。

クラウドファウンディング。要するに一般の人からお金募って、集まったお金で何かをするやつ(だいぶ適当に言ってます)。 まぁ別にそれはいいんだけど。目標金額は1日で達成。2017/3/16時点で、残り15日、目標額の2倍は超えている。

上映される映画館が増えるのはいいことだけど、キャスト別コースで申込人数が如実に見えてしまうのはちょっとつらいなって思ってる。 まぁ仕方ない。しかしこういうときに一気にお金を出せるオタクはすごいと思う。わたしは最近自転車操業なので無理だ。

……話がそれた。戻そう。

2017/2/24

  • 15秒ムービー解禁

ある日の夜、公式がこんなことを呟いた。

あくまで個人的な話をするとこういった煽り方は好きじゃないが、それはさておき、まぁ何かしらの発表が行われるのはいいこと。 翌日朝8時。各メディアに新たな情報が掲載された予告の時間。公式アカウントは何もツイートしない。各所のRTをするのみ。

結果として15秒の特報ムービーとポスターの解禁だったのだが、正直混乱した。

「発表がある」と煽るくらいなら、まずは自分の口から発表してほしかった。 そういうスタンスでいるのだろうけど、個人的には、予告をして煽ったのなら、まず公式がって気持ちでいっぱいだった。 散々他者メディアのRTをしたあとで、「各所に掲載されてますが○○が決まりました」って、悲しすぎた。 何事も新情報は公式がいの一番に発表してほしかった。

もうだめかもなって、本格的に思い始めた。

2017/2/27

  • 各種SNS公式アカウントの告知。

このツイートをご覧いただきたい。 「よろしくお願いします」と書かれているのに、このツイートからInstagramには飛べない。なぜならURLで書かれていないから。

このツイートを見てからInstagramフォローしたいなと思ったら、アカウント名の文字列を覚えるか、このツイートをコピーするかして検索するしかない。めんどくさ。

なんでユーザー(フォロワー)にわざわざそこまでの労力を強いるのか? コピペくらい、アカウント覚えるくらい、そう思う人もいらっしゃるだろう。むしろ大半かもしれない。 でも、そうじゃない。 フォロワーを増やしたいのなら、相手が即座にアクセスできる方法で告知をすべきなんじゃないかと思う。

現にFacebookはURLで書かれてるし。 なんでInstagramではそれができない?あえてやらなかった?なぜ?もしかしてInstagramTwitterはアカウント名書けばそれぞれにリンク貼られるとでも思ってる?

2017/2/25

公式のInstagramアカウントの最初の投稿がこれ。

www.instagram.com

メインビジュアルの謎のトリミング。 みつお(田中俊介さん)の頭が切れている。なぜ。主演なのに。 キャッチコピーも切れている。なぜ。 なんのためのコピーなのか。あ、もしかして読んでほしくないとか?んなことあってたまるか。

正方形になんとか収めたかったのかもしれないとも考えた(それにしてもひどいけど)。 でも、下の方を見てほしい。 キャスト名の文字の上部数ミリだけがトリミングで残っている。なぜ。その数ミリはなんのために存在する?

そもそも、今のInstagramは正方形じゃなくたって投稿がてきるのに、なぜわざわざ謎の位置でトリミングをするのか。 正方形で揃えたいなら、PCでPhotoshop使うとか、iPhoneでInstasize使うとか、いくらでも縦長の画像に余白をつけて正方形にする方法だってある。

にもかかわらず、主演俳優のアタマをぶち切るトリミング。全くもって理解できない。

続いて、Twitterのフォロワー数記念の画像をInstagramに投稿したのがこちら。

www.instagram.com

www.instagram.com

Twitterにアップした横長の画像を無理やり正方形にトリミングしている。 見てほしい。トリミングのおかげで作品タイトル(ロゴ)が半分しか写ってない。コピーライト表記もブツ切れ。これじゃただの邪魔な文字列でしかない。

作品タイトル(ロゴ)をぶつ切りにする公式アカウントってどういうことなんだろうか。 なんだと思ってんの???って気持ちでいっぱいだ。俳優がうつってる画像ならなんでもファンは喜ぶとでも思ってるんだろうか。まぁそういう人もいるかもしれないけど、ファンをそんな目線で見てんのかと思うと、また一つ、悲しくなる。

そして、上記1つ目の投稿のコメントを見てほしいのだが、こんな記述がある。

(公式TW)@doublemints2017

考えてみてほしい。Instagram(WEB/アプリ)からこの投稿を見ていたとしても、これじゃTwitterには飛べない。 この書き方をしても、Instagram内をループするだけだ。意味がない。

そもそも、Instagramのコメント内にURLを記載したとしてもリンクにはならない。 正直広報・宣伝にInstagramを使う立場で、やきもきしている人はたくさんいると思うけれど、そもそもで使い方を間違っている。

@をつけてアカウント名を書いてもTwitterには飛べないんだ。アプリからこの@アカウント名を長押しするとリプライ付きのコメントができるようになっているから、頑張れば、アカウント名はコピペできるけれど、多分そんなとこまで考えてないと思ってしまう。

2017/3/7、3/15

これは何がどうってわけじゃなくて、単純にこういうのが嫌い。

写真、用意してますよ~~~(チラッ)みたいなこととか、公式が「!!?!!」とかいう一般の人みたいなの、やってほしくなかった。

あと、出演者が出てるからって、全然関係ない作品のツイートRTする意味、ある?って単純に疑問に思ってる。

かと思いきや、こういうツイートは、RTしないんですね、とか。

宣伝本格化?笑わせないでほしい。

2017/3/8

公式サイトが、メインビジュアルのみのティザーサイトからちょっと進化した。サイドメニューかできて、公式Twitterウィジェットもついた。ちょっとずつちょっとずつ公開が近づいてきている。わくわくした。

でも、このタイミングで開いているのはNEWSとTRAILERだけ。 原作がある映像作品で、すでに監督もキャストも発表されているのに、CAST/STAFFのページも、STORYのページも開いていない。

公式Twitterはキャストからのコメントを2~3個のツイートに分けて投稿している(余談だが、わたしはこの手のコメントをぶつ切りにしてツイートする手法が苦手)し、ここまで情報が出揃っているなら、ページがない方が不自然に感じる(あくまでもわたしは、なのだが)。

期間はまだ残っているんだし、クラウドファウンディングのページへのリンクを載っけてもいいんじゃないか。余計なお世話か。

なぜだろう。わたしの感覚だと、開いてないページ=まだ情報が固まってない、解禁前の情報があるページなのだが、ダブルミンツ公式の考え方はどうも違うらしい。

だがしかし、これを見てほしい。 U-NEXTのダブルミンツ特設ページ。

video.unext.jp

見てほしい。全部載ってる。

キャスト情報も、キャストコメントも、監督も、あらすじも、イントロダクションに相当しそうな部分も、全部載ってる。 公式サイトではなぜか開いてない情報が全部載ってる。 意味がわからなくなってくる。もう公式サイト閉じて、U-NEXTの特設ページを公式サイトってことにしたらいいんじゃないか?

繰り返しになるが、わたしは宣伝のプロではない、末端の作品/原作者ファンでしかない。

これらはすべて、宣伝のプロからしたら何か意味があるのかもしれないし、U-NEXT特設ページにはキャストのコメントムービーが載っているから、そこに誘導するために公式サイトのページを開けていないのかもしれないとも思ったけど、じゃあ最初から公式サイトなんか作らず特設ページだけでいいのでは?というのが今のところのわたしの結論。

ドメイン取るのだってお金かかるし。公式サイトのこの扱いを見ていたら、ドメインの契約期限が切れたら更新しないのが目に見える。 情報を掲載しないのなら、公式サイトの意味なんてない。Webデザイン、コーディング、更新作業、全てが無駄な時間になってしまう。

おしまい

いやならTwitterInstagramもフォローしなきゃいいし、公開が始まっても映画館に足を運ばなきゃいい。

それはもうごもっともで、わたしがここまで時間を割いて愚痴を書いてるのも馬鹿げてると言われるだろうし、公式には公式の考え方と様々な情報解禁のための調整があるのかもしれない。だけど、発表済みの情報を載せない公式サイトに存在する意味なんてあるのか???がわたしの率直な感想なんだ。

再三申しているように、わたしは今、広報や宣伝の知識がほぼないなかで、今まで少しだけかじった程度の感覚値での話しかしていないので、万が一、公式さんにこの記事を読まれてしまったときとか、プロ的な意見、「こういう理由があるんじゃないの」というのをお持ちの方が読んだとき、多分気分を害されたでしょう。申し訳ない。

でも、気持ちよく、めでたい気持ちをもって作品を見に行きたい。根本にある気持ちにはただそれだけなんです。

コケてほしいとか、そういったことはカケラも思ってないし、もちろんいろんな人が見て、成功を収めてほしい。 だけど、今の公式アカウントを見ているとその図が見えてこないから、本当に悲しくてこんなこと書いてしまっている。 これに限らず、「この作品が出演者にとっての黒歴史になりませんように」なんて思いたくない。そんなの、こっちの勝手なエゴだけど。

公式がちゃんとしてない割にファンがキャッキャッてしててちょっと成功っぽく見えたりとか、そんな未来、来てほしくない。

結局のところここに書いたことはすべて「余計なお世話」の一言で片付いてしまうので、もうそういう扱いでいいのだが、なんだか冷静に、普段書いている文章のわりにはまとまって書けた気がする。怒りにまかせている割に、よく書けた。自分を褒めたい。

……てな感じ。

書いたらちょっとスッキリしました。またTwitterでは騒ぐかもしれないけど、そんときはごめんなさい。 こういう気持ちで見ているんですってのが伝わると嬉しいかもしれません。

おしまい。